ブログ
Nov 24, 2015

首の負担について(東京モーターショーにて)

  
先日、東京モーターショーに行って来ました。一昨年に初めて行き2度目です。私にとっては子どもに戻れる瞬間です。 もちろんネックラックを持って。

行き帰りの新幹線ですが最近は、こだま号に乗ります。ネックラックの試着の為、長い時間を乗る必要があったので、それが慣れてしまい今では苦にならなくなりました。以前は頚椎症があるので首の負担を軽減する為10分でも速く目的地に着きたくて、ひかり号🚅にしか乗りませんでした。

品川で降り山手線で新橋に着き、ゆりかもめに乗って東京ビッグサイトです。新幹線はネックラックで楽が出来るのですが、山手線や、ゆりかもめは背もたれが低くネックラックが使えません。電車内を見渡すと景色を眺めている人、スマホに集中している人、居眠りをしている人、さまざまです。仕事柄、どうしても首に目が行ってしまいます。
うつむき加減の姿勢で、どのくらいの力がかかるのか、首にかかる負担を研究した記事によると30度前のめりになると約14kg(ボーリングのボール2個)、60度では約27kg負担がかかるそうです。びっくりポンですね‼︎

http://news.livedoor.com/article/detail/10848177/

そう言いながら私も帰りのゆりかもめでは、うとうと眠ってしまい、ほぼ90度近くまで首が垂れ下がっていました。朝、早起きして、まばたきも忘れる程モーターショーに没頭し目はドライアイになっていました。よっぽど疲れたとはいえ私の首は何kg(ボーリングのボール何個分⁇)の負担だったのでしょう⁉️

最近ではスマホやパソコンの使用で皆さんの首の負担はボーリングのボール何個分⁇

Posted in ブログ

 

Nov 14, 2015

なぜ、肩こり・首の痛み?

今日は鍼灸師として肩こりや首の痛みの原因の一つを紹介します。

先ず頭の重さが約5kgもあります。たとえば机の上に5kgの鉄アレイを持って肘を垂直に立てます。これは腕に負担が、あまりかからないので5分〜10分間持っても大丈夫でしょう。次に鉄アレイを持ったまま机の上に肘を立て腕を45度傾けて保持します。これはハードな筋トレになり、5分間は重労働となります。

皆さんはパソコンやスマートフォンを使っている姿勢が、それに近い形になっています。首にとっては大変な筋トレを長時間させられているのです。

更に、その姿勢で乗り物の揺れ(振動)が加われば首・肩の筋肉は悲鳴をあげています。又、頚椎症患者の方のような、首に問題を抱えている人にとっては、その負担は大変なものです。

肩こりや首の痛みの原因は頭の重さや姿勢だけではありませんが、予防として普段から頭が首の上に垂直に乗っかっているような姿勢をイメージしてみて下さい。 

Posted in ブログ

 

Nov 7, 2015

開発秘話

先ずは人に伝える為にウレタンをカッターで削り、ネックラックの原型を作りました。次は弁理士さんに相談し特許出願を済ませ、ウレタン加工会社に行きました。対応して下さった方が首をひねりながら出来るかな〜?という反応でしたが、なんとか試作品を作ってみましょうということで始まりました。無理もありません、未だ世に無いものを作りたかったのですから。

トライ&エラー、新幹線でのフィッティングを繰り返し約100個の試作品を作って頂きました。根気良く対応して下さって、本当に感謝です。表裏2種類のウレタン選び、厚みなど最適なサイズを決めるのに苦労しました。

ウレタン本体の作り方ですが、金型に注入して膨らませる方法ではなく職人さんが、ひとつひとつ手でカットして作ります。手間のかかる作業です。R、逆Rのある特殊な形を、どうやって作り出すのか不思議ですね⁉︎ (企業秘密です)まさに手づくりです。日本のものづくり、すごいですね!

次にカバー作りです。ウレタン本体の特殊な形と弾力性を最大限に生かし、機能美を追求しました。生地の種類、糸の種類、マチ部分レザーの種類、これも約1年かかりました。縫製会社さんにも感謝です。

こうして、約2年をかけ、なんとか形になりました。ものづくりは全く素人の私は自分の感覚で、こうして欲しい、ああして欲しいと難しい要求ばかり。作る方は大変だったと思います。

私としては2年もかかったと思いイライラしたこともありましたが、ものづくりを経験している人たちからは速い方だと評価されています。

今では、お陰様で完成まで2年しかかからなかった。と思っています。  

Posted in ブログ

 

Oct 29, 2015

なぜ、ネックラックを開発したのか

私自身、頚椎症があり長旅に不安を抱えていました。10年以上も前からのことです。

首の痛み、肩こり、背中が張り、時には腕が重くなり、手がしびれることもあります。

何種類もの首クッション(空気で膨らますもの・ウレタン系)を試したのですが、どれも納得できず、最終的には接骨院でコルセットを借りたこともあります。

ある日、1泊2日の旅行から帰った翌朝のことですが、目が覚めた時に、ネックラックの原型がイメージできたのです。(降りて来た感じ)凄く嬉しかったのを覚えています。             

先ずは私自身が欲しいもの、楽が出来るものを作りたかった。それが本音です。 

Posted in ブログ

 

Jul 14, 2015

不安な時間を快適な時間に

人が移動するということは、何かしらの目的があります。仕事であれば、目的地で商談があったり、旅行であれば、移動そのものが目的のひとつです。どのような目的であっても、その移動時間を「快適に過ごせる」ということは、だれもが願うところでしょう。

首に悩みのある人にとって、乗りものでの移動は不安要素です。その不安を少しでも和らげ、ネックラックを通じて、不安な時間を、快適な時間にできればと考えています。

Posted in ブログ

 

1 2 3 4 5 6